ECサイトで注意したい法律

ECサイトで注意したい法律 ECサイトを構築、運営する上で守らなくてはならない法律がいくつかあります。
法律については個人、法人問わず厳守しなくてはならず、知らなかったでは許されないので事前に確認が必要です。
ECサイトを運営する上で注意したいのが個人情報です。
送り先の住所、クレジットカード番号など個人情報を多数扱うことになりますのでセキュリティを厳しくして対応し、また、従業員など情報を扱う人間以外に漏れないようにしなくてはなりません。
そのため、特にクレジットカード番号については決済代行会社を利用することで情報の管理も委託することもできます。
決済代行会社は番号自体がECサイトに伝わらないので運営者、利用者ともに安心できると言われています。
もう1つは運営者の情報開示です。
オンラインショッピングサイトでは非公表で運営されるケースが多かったのですが、法的に電話番号、管理者名などECサイトで確実に見られる仕組みが必要になっています。

ECサイトの運用に資格は関係なし

ECサイトを構築・運用するために資格の有無は関係ありません。
資格が無くても構築は自由に行なえますし、運用に支障がでることもありません。
しかし、資格のための勉強には意味があります。
デザイン系の資格からネットワーク系までありますが、その勉強で得た知識が無駄になることはありません。
少しでも知識を身につけておけば、より良いECサイトの構築ができるようになります。
 この勉強についてですが、独学でも全く問題ないです。
書店で販売されている書籍を購入して勉強するだけでも効果はあります。
普段運営しているECサイトを違った視点から見つめなおすことができ、閲覧者のアップに繋げることができます。
また、コンテンツの充実にも知識を役立てることができます。
ターゲットを絞り、その人達にあった商品やサービスを紹介できるようになるからです。
いずれにせよECサイトの構築には勉強が必要となります。
少しでも良いので知識を蓄えておくと報酬をアップさせることができます。